第二新卒者のための求人・就職に関する情報、転職をする際に必要な手続き、面接・履歴書の書き方を紹介。

第2新卒者の就職・転職Navi > 転職時の面接テクニック > 面接座るタイミング 〜第2新卒者のための面接対策

転職時の面接テクニック

面接座るタイミング 〜第2新卒者のための面接対策

第2新卒として転職す る場合、どのような経緯であっても
避けては通れないのが「面接」です。

特に面接が始まってから、着席するまでは、
面接にとって「第一印象」が決まる重要な要素です。

そんな重要な着席までの作法を改めてご紹介いたします。


ま ず、面接する部屋に入室する前には、
必ずノック(2回が基本)する事。

「どうぞ」の声がかかった後に
「失礼します」と言って入室します。


部屋に入ったらドアに向き直り、静かにドアを閉めます。
この時、絶対に後手でドアを閉めてはいけません。

ドアを閉め終わってから、面接官に向き直って、
しっかりと一礼します。


面接官の前に進み、
「○○と申します。よろしくお願いします」と名乗ってから一礼し、
「どうぞ、おかけください」と着席を促されてから着席してください。

手荷物を持ってきているなら、椅子に腰を下ろしてから
椅子の横に置いてください。


また、面接中に「椅子の背にもたれる」と態度が悪いと
思われてしまうので、絶対にしないでください。


以上が、着席するまでの作法ですが、これはあくまで
クリアすべき第一条件でしかありません。


完璧な作法で着席できたとしても、それはまだ
ハンデ無しでスタートラインに立てただけだという事を
忘れないでください。

 

第2新卒の面接テクニック一覧へ


年収UPの決め手は転職エージェント!

→ 第2新卒就職・転職Toppageへ