第二新卒者のための求人・就職に関する情報、転職をする際に必要な手続き、面接・履歴書の書き方を紹介。

第2新卒者の就職・転職Navi > 転職時の面接テクニック > 第2新卒者向け面接テクニック 面接で緊張しない方法

転職時の面接テクニック

第2新卒者向け面接テクニック 面接で緊張しない方法


折角書類審査に通過し、いざ面接。
でも緊張しがちな方は、面接が大きな壁ですね。

再就職、第2新卒で面接を受けた時、緊張して頭が真っ白になり
上手く話せなかったら・・と思うとゾッとしますね。

その会社が本命だったりしたら、ショックもひとしおです。
緊張しがちな方は、対策をたてていきましょう。


面接で緊張するのは、当たり前のことですので、

まず面接の早い段階で

「緊張して上手く喋れません」
「申し訳ありません。緊張してうまく話せませんが・・」

ということを面接官に伝えましょう。
面接官もある程度考慮してくれます。


また、暗記したことを言おうとすると、
途中で頭が真っ白になることがあります。

文章を一言一句暗記するのではなく、
ポイントのキーワードは覚えておき、
伝えたい結論を最初に伝えるようにしましょう。


緊張してしまうのは、自分自身をうまく表現しようとするからです。
背伸びをせずに、ありのままの自分を見てもらい、
それが駄目だったらしょうがない
と思うくらいがいいでしょう。



面接で上手く話さなくても大丈夫です。
会社が求めているのは「この人と一緒に働きたい」と思える人ですので、
上手く話せることに越したことはありませんが、

それは仕事をしていく上で経験を重ねて上手くなっていけば
いいのです。

面接中に今後の目標を訊かれたときに
「話すのが得意でないので、仕事を通して上手くなりたい」

と言って弱点を目標に変えて言うと
ポジティブな人として見てくれます。


面接官を面接官と思わないことのも1つの手です。

入社しちゃえば同じ会社の人です。
上司や同僚などこれから知り合いになる人と
同じだと思うと緊張はほぐれます。


面接も場数をふめば慣れてきますので、
本命の企業の面接を受ける前に回数を重ねていくといいでしょう。
緊張して、うまく話せない方向けの面接対策術を紹介します。


年収UPの決め手は転職エージェント!

→ 第2新卒就職・転職Toppageへ