第二新卒者のための求人・就職に関する情報、転職をする際に必要な手続き、面接・履歴書の書き方を紹介。

第2新卒者の就職・転職Navi > 転職時の面接テクニック > 第2新卒者向け面接テクニック 面接の流れ

転職時の面接テクニック

第2新卒者向け面接テクニック 面接の流れ


働いていた方は、面接は一度経験していると思いますが、
時間が経っていると意外と忘れているものです。

第2新卒の方も一度面接の流れをチェックしておきましょう。


1、面接会場に着く前に最後のチェック

面接会場に入る前に、身だしなみがおかしくないか
持ち物で忘れ物がないか再度チェックをしましょう。

コートを着ているときは、脱いで
手で持っておきます。

携帯電話の電源は必ず切っておきましょう。


2、受付に連絡

受けで連絡をとる際は、

「失礼します。本日、面接○時に面接のお約束を
していた△○と申します。」

と言いましょう。

受付だからといって気を抜かないように
受付から人事の人に連絡がいくことがあります。


3、入室するとき

ドアを2回ノックします。
中から「どうぞ」と聞こえたら
「失礼します」と言ってドアを開けましょう。

入室後は、ドアを向き直ってドアを閉めましょう。
くれぐれも後ろ手では閉めないように。


4、入室後

入室したらドアの前に立ち、
「○▲と申します。よろしくお願いいたします。」
と挨拶します。


用意してあるイスには、背筋よく向かいましょう。
イスの左側に立ち、もう一度「よろしくお願いいたします」
と述べましょう。

面接官に「どうぞ」と勧められたら
イスに座りましょう。イスに座るときは深く
腰掛けすぎないように。


5、面接中

面接官と話すときは、下を見ずに面接官の目を
見ながら話しましょう。

緊張してしまう人は、目の少し上、おでこあたりを
見ながら話すといいでしょう。


面接官が複数いるときは、一人だけを見ずに
周りの人を見渡しながら話すことを心がけましょう。


6、退出

面接が終了したら立ち上がって
イスの横に立ちます。

「本日はありがとうございました。
よろしくお願いいたします。」

と言って面接官に向かって一礼をしましょう。

出口の手前でもう一度
面接官に向かい「失礼します」と
会釈をして退出します。


面接が終わってからの退出は
意外とポカをしてしまう人が多いです。

最後まで気を抜かないように


年収UPの決め手は転職エージェント!

→ 第2新卒就職・転職Toppageへ