第二新卒者のための求人・就職に関する情報、転職をする際に必要な手続き、面接・履歴書の書き方を紹介。

第2新卒者の就職・転職Navi > 転職時の面接テクニック > 面接時のマナーチェック 〜第2新卒の為の面接術

転職時の面接テクニック

面接時のマナーチェック 〜第2新卒の為の面接術

第2新卒として就職す るため、練習してから面接に望んだのに、
関係ない所のミスで落とされてはたまりません。
面接を行う際の、忘れがちなマナーと常識を確認しましょう。


まず携帯電話の電源を切っておくのは大前提です。

たとえマナーモードでも着信があれば話が途切れる上、
面接官からも印象が悪くなります。


睡眠はしっかりとるべきです。

寝不足で面接官に向かうのは失礼といえますし、
実力を発揮するためにも必要な事です。


向こうから名刺を差し出された場合ならともかく、
面接官に名刺を渡す必要はありません。

自己紹介時に渡してしまうケースが意外にあるそうです。


また、受付から会社の外へ出るまでが面接です。

面接でなくとも社内で迷惑を掛ける人など論外です。
待合室でも落ち着いた態度を意識しましょう。


ビジネス用の敬語や常識を改めて確認してください。

思わず身内にしか通じない敬語を喋る事はよくあります。


少しでも面接に遅刻しそうな時は、それが分かった時点で
即座に遅れる連絡をしましょう。

これは社会人にとって最低限のマナーです。


以上の点をしっかり押さえておけば、面接以外の要素で
不採用になる事はなくなるはずです。

皆さんも、これらの面接マナーを押さえて、第2新卒として
採用されるに相応しい態度で面接に望みましょう。

 

第2新卒の面接テクニック一覧へ


年収UPの決め手は転職エージェント!

→ 第2新卒就職・転職Toppageへ