第二新卒者のための求人・就職に関する情報、転職をする際に必要な手続き、面接・履歴書の書き方を紹介。

第2新卒者の就職・転職Navi > 第2新卒の志望動機テク > 第2新卒の志望動機術3 特に理由がないとき

第2新卒の志望動機テク

第2新卒の志望動機術3 特に理由がないとき


前職の仕事内容や人間関係がイヤで仕事を辞めた第2新卒の方は、
次の仕事先に明確な目標をもっていない場合があります。

この場合、志望動機をどう書くべきか悩んでしまいますね。

受けたい企業に明確な志望動機がない方向けの
志望動機の書き方を紹介します。


自分のやりたいことが、よく分からない。
この企業でほんとに働きたいかどうか分からない

でも、求人があるようだし、給料や立地もそんなに悪くないな。
じゃあ一応応募してみよう、

こんなことって意外と多いですよね。


まずは、受けたい企業の情報収集から始めましょう。
今の時代、大抵の企業にはホームページがあります。

そこから企業の情報を調べられます。


最近では、社長がブログを書いている企業もあるので、
社長からの直接の意見、考え方を知ることができます。

そこから社風、内部の環境がよく分かるので
要チェックです。


インターネット以外にも上場している企業なら
四季報で会社の経営情報が手に入ります。

新聞の媒体もチェックしてみるといいでしょう。
今では新聞もインターネットで検索できる時代です。


企業の情報収集をしてから、自分の経験とスキルを
照らし合わせて、企業に貢献できることを考えてみましょう。


採用担当者に、自社にメリットがある人だな。
と思わせなくては内定がもらえません。

逆にいえば、企業にメリットがあると思わせれば
内定がとれます。


例えば、顧客との取り引き経験がある方は、
顧客を意識したものづくり、サービスを心がけてきて
おもしろさを感じていることなどを述べて、

企業に入ってから顧客の満足度を重視した開発・サービスの
行なっていきたいことを述べると
今までの経験とそれを活かしていく姿勢も分かります。


年収UPの決め手は転職エージェント!

→ 第2新卒就職・転職Toppageへ