第二新卒者のための求人・就職に関する情報、転職をする際に必要な手続き、面接・履歴書の書き方を紹介。

第2新卒者の就職・転職Navi > 第2新卒の志望動機テク > 第2新卒の志望動機術 志望動機とは

第2新卒の志望動機テク

第2新卒の志望動機術 志望動機とは


履歴書を書く時に頭を悩ますのが志望動機ですね。
これは、新卒の方も第2新卒の方も共通の悩みです。

転職先として考えている企業に対して
明確なビジョンがないと、書くのに苦労しそうですね。

しかし、ちょっと考えることで
担当者の目をひく志望動機は書くことができます。

ここでは、志望動機の書き方をしっかり
身につけてください。

転職する人が志望動機で必ず書かなくてはいけないことは、
今までにどんな実務経験があるか、
そして、それを志望先の企業でどのように活かせるかという2点です。


企業は欲しいのは、自社にメリットのある人材です。
採用する人が自社に利益かあるかどうかを採用の目安にしています。

志望動機では、自分が企業にとって利益のあることを
アピールできるよう心がけましょう。




例えば、営業の経験をもつ人が「営業の経験があるから
営業職に応募をしました」というのでは
インパクトが小さいです。


応募企業の商品が好きで売りたい
自分なら商品をどのように売ることができるか
という点まで踏み込まなくてはいけません。



仕事をする上で、一生懸命さや努力も必要ですし、
アピールにもなりますが、

企業は結果が求められるところです。

今までの実績を具体的な数値を使って
言うようにしましょう。


企業の立地場所や、給料を志望動機として書く人がいますが、
志望動機としてのインパクトは薄れてしまいます。

「自分のスキルや経験を活かして何が生かせるのか?」
「企業に利益をもたらせるものは何か?」

この点を明確にしておくように記しましょう。


年収UPの決め手は転職エージェント!

→ 第2新卒就職・転職Toppageへ