第二新卒者のための求人・就職に関する情報、転職をする際に必要な手続き、面接・履歴書の書き方を紹介。

第2新卒者の就職・転職Navi > 第2新卒の履歴書テク

第2新卒の履歴書テク

履歴書は「あなた」という商品を紹介するパンフレットのようなものです。 履歴書1つであなたの商品価値は大きくかわります。 書類選考を通過sるう1つ上の履歴書テクニックを紹介します。

第2新卒の為の履歴書講座 正しい折り方


下から谷おり、山折りにして、正面に名前が見えるように
折っていくのが正しい折り方のようです。

相手が開きやすいように、読みやすいように
折ることが正式の折り方です。


履歴書の正式な折り方はあるにはありますが、
現在はさほど気にしなくても問題ありません。

今では、実際そういう折り方をしていた方は稀に
なってきました。


大きな封筒に入れて、折らずに送る方も増えています。

エントリーシートや作文、自己PRが増えた結果、
中身で勝負する時代になったのではないでしょうか。

第2新卒の為の履歴書講座 書式編


第2新卒者で転職を決めた人は、
履歴書選びも一工夫しています。

就職を決めた方は、履歴書の書式に
JIS規格書式を使っていました。


これは、既卒の転職活動という点に着目した工夫です。

趣味や得意科目を省いて、特技他欄・志望職種欄のみの
JIS書式を使っていました。

特に指定がない限りは、どの会社でも通用する書式なので
使いやすいですよ。


また、自分でExcelで作る方もいます。
(A4サイズで横1枚になる大きさにしている方もいました)

ただし、応募要綱に指定の履歴書と書かれていることもあるので
きちんとチェックしておきましょう。

第2新卒の為の履歴書講座 履歴書の種類は?


大量に履歴書をだすときは、ある程度はやむを得ませんが、
履歴書は、出来るだけ手書きで書きましょう。


履歴書は「当社指定」と書いてない限りは
JIS規格のものを手書きにでだしたほうがよいですね。

手書きの履歴書だと、やはり「人」がみえるので好印象です。
そして、会社側もまとめやすいので評判がいいですよ。


また、地方の会社は、手書きの履歴書を出すのが暗黙の了解に
なっているので注意しましょう。


職務経歴書の方は、Excelかwordで作っても問題ありません。

時系列別に何をやってきたか、どんなスキルをもっているかを
まとめましょう。長くてもA4サイズで二枚位にまとめるとよいです。


第2新卒の為の履歴書講座3 履歴書の送り方


緊張しながら履歴書を書き終えた方は、お疲れさまです。
でも、気を抜かないでくださいね。

最後に履歴書を送る作業です。


封筒の書き方ですが、基本的には封筒の左上に
宛先を書きます。

右上には、日付と自分の連絡先書きます。
件名といきさつは中央に書きましょう。


文字を間違えないように慎重に書きましょう。
封筒の文字であなたの第一印象が分かります。

男の方は文字を少し大きめにした方がいいですね。


宛て名が社名だけなら、御中つけます。
担当者充てに書くときは、御中付けずに様つけましょう。


より慎重に送りたい方は、履歴書をクリアファイルにはさんで
送るといいでしょう。

雨に濡れることがありませんので、
履歴書がふやけることはありません。

企業へちょっとした気配りを見せることができます。

送付状(添え状)とは? 第2新卒の為の履歴書講座5


送付状(添え状)とは、履歴書・職務経歴書等を送付する際に
付ける手紙のことです。

カバーラターともいい、ビジネスレターと同じで
いわゆる挨拶状にあたります。

「送付状(添え状)とは? 第2新卒の為の履歴書講座5」詳細はこちら

第2新卒の為の履歴書講座6 手書きか?パソコンか?


第2新卒として転職を考えている人にとって、
履歴書は必須のアイテムですね。

履歴書は、あなたがどんな人であるかを
紹介するためのものです。

「第2新卒の為の履歴書講座6 手書きか?パソコンか? 」詳細はこちら

第2新卒の為の履歴書講座7 基本テクニック


履歴書の基本を紹介します。
ここは外せないところです。

第2新卒の方は、しっかりとおさらいしておきましょう。

「第2新卒の為の履歴書講座7 基本テクニック」詳細はこちら

第2新卒の為の履歴書講座8 履歴書記入例


履歴書の記入例です。
丁寧に、誤字がないように書きましょう。

コツは途中で止めずに一気に書き上げてしまうことです。

「第2新卒の為の履歴書講座8 履歴書記入例」詳細はこちら


年収UPの決め手は転職エージェント!

→ 第2新卒就職・転職Toppageへ