第二新卒者のための求人・就職に関する情報、転職をする際に必要な手続き、面接・履歴書の書き方を紹介。

第2新卒者の就職・転職Navi > 第ニ新卒の転職について > 第2新卒に企業が求めるもの 〜第2新卒の転職現状

第ニ新卒の転職について

第2新卒に企業が求めるもの 〜第2新卒の転職現状


その名前が示すとおり、
第2新卒者は、まだ自分がフレッシュな人材である
ということを自覚している場合が多いものです。

さらには、初めての就職でうまくいかなかった、
という意識を強く持っている場合もあります。


したがって、前職で得た経験を活かそう、
という気持ちよりも、就職する以前に元々興味が
あったことや、逆に今まで経験したことがない
ような分野に興味を抱いたりします。

このように、第2新卒者が気持ちを新たに
再スタートを試みているのに対し、
企業側の要望は若干ずれているのです。



わずか3年以内とはいえ、
企業側は、その短期間で得たであろう、
社会人としての基本的なルールやマナー
期待しています。

要するに、新卒気分で、完全に一から
やり直そう、という心境で挑んでしまうと
求職者と採用側との間で微妙なズレが生じます。


たとえ前職で思うように仕事ができなかった
のだとしても、

「少しだけでも社会経験はあるのだから」
と思えるくらいの余裕の気持ちは持っておく
べきでしょう。


そのうえで、社会人としての基礎力に加えて
「どんな環境で、どんな人と働きたいか」
という自分の意志を明確にしていきます。

そして、その要望に合うのはどんな企業なのか、
いろいろな企業の情報を集め、しっかりと
研究をするようにします。


基礎力だけでなく、プラスアルファの意志と
展望をはっきりと語ることができれば、

面接での印象が良くなるだけでなく、
企業とのミスマッチも少なくなるはずです。

→ 第2新卒の転職一覧


年収UPの決め手は転職エージェント!

→ 第2新卒就職・転職Toppageへ