第二新卒者のための求人・就職に関する情報、転職をする際に必要な手続き、面接・履歴書の書き方を紹介。

第2新卒者の就職・転職Navi > 第ニ新卒の転職について > 新卒と第2新卒が互いに補うリスク 〜第2新卒の転職現状

第ニ新卒の転職について

新卒と第2新卒が互いに補うリスク 〜第2新卒の転職現状


第2新卒への注目が高まっていると言っても、
やはり実際に忍耐力がなく、
転職後もすぐにまた辞めてしまう人が多い可能性も否めません。


実際に、最近は短期スパンで転職を繰り返す人も増えており、
一度転職を経験すると、要領を覚えて退職癖がついてしまう人もいます。


しかしそれでも第2新卒を望む企業が増え続けているのには、
新卒採用が難航していることにも関連しています。



団塊世代の大量退職等により、
各企業の新卒採用競争の激化もすすんでいます。

優秀な新卒の人材を採用するためには、
相当なコストと手間をかける必要があり、

またそれだけ力を入れたからと言って
良い人材を確保できるとは限らない、というのが
現在の新卒市場の状況です。


また採用後は、それこそ自社から
第2新卒者」となる人が続出しないよう、
環境の整備も問われます。

それに対し、新卒のように一斉入社でなく、
通年随時募集できる第2新卒は、
これら新卒者のリスクを補う存在
となるのです。


第2新卒者は、少なくとも最低限の社会経験
積んでいる、とみなされるため
新卒者ほどは教育や研修を行う必要がありません。


新卒者よりは理解が早く、
また他の会社での経験も多少あることから、

自分の適正もある程度分かってきている、
といった利点もあります。


つまり、新卒者と第2新卒者とで
互いの穴を埋め合いながら、

少しずつ人材として育っていってくれれば良い、
というのが企業の見解であるとも言えます。

→ 第2新卒の転職一覧


年収UPの決め手は転職エージェント!

→ 第2新卒就職・転職Toppageへ