第二新卒者のための求人・就職に関する情報、転職をする際に必要な手続き、面接・履歴書の書き方を紹介。

第2新卒者の就職・転職Navi > 第ニ新卒の転職について

第ニ新卒の転職について

企業から注目される第2新卒 〜第2新卒の転職現状


ここ最近は、各転職情報サイトでも「第2新卒」という言葉が
当たり前のように見られるようになってきています。

企業から熱い視線がそそがれる第2新卒の現状を紹介します。

「企業から注目される第2新卒 〜第2新卒の転職現状」詳細はこちら

第2新卒の転職活動は今がチャンス


最近の新卒者の3年以内の離職率は30%を越える
と言われています。

中には1年未満でやめてしまう人もいるので、

第2新卒者は相当多い、と思って良いでしょう。

「第2新卒の転職活動は今がチャンス」詳細はこちら

新卒と第2新卒が互いに補うリスク 〜第2新卒の転職現状


第2新卒への注目が高まっていると言っても、
やはり実際に忍耐力がなく、
転職後もすぐにまた辞めてしまう人が多い可能性も否めません。


実際に、最近は短期スパンで転職を繰り返す人も増えており、
一度転職を経験すると、要領を覚えて退職癖がついてしまう人もいます。


しかしそれでも第2新卒を望む企業が増え続けているのには、
新卒採用が難航していることにも関連しています。

「新卒と第2新卒が互いに補うリスク 〜第2新卒の転職現状」詳細はこちら

第2新卒の心理と意志 〜第2新卒の転職現状


ほんの少し昔であれば、新卒で就職して
3年以内で辞めるなどといえば、

「もう少し我慢してがんばってみるべきだ」
「そんなことでは、どこに行っても同じだ」

などと引き止めたり、説き伏せようとする人が
社内外問わずにたくさんいました。

「第2新卒の心理と意志 〜第2新卒の転職現状」詳細はこちら

第2新卒に企業が求めるもの 〜第2新卒の転職現状


その名前が示すとおり、
第2新卒者は、まだ自分がフレッシュな人材である
ということを自覚している場合が多いものです。

さらには、初めての就職でうまくいかなかった、
という意識を強く持っている場合もあります。


したがって、前職で得た経験を活かそう、
という気持ちよりも、就職する以前に元々興味が
あったことや、逆に今まで経験したことがない
ような分野に興味を抱いたりします。

このように、第2新卒者が気持ちを新たに
再スタートを試みているのに対し、
企業側の要望は若干ずれているのです。

「第2新卒に企業が求めるもの 〜第2新卒の転職現状」詳細はこちら

第2新卒採用の企業側メリット

近年、企業が第2新卒の採用に注目しているのはなぜでしょう。

「第2新卒採用の企業側メリット」詳細はこちら

第2新卒採用の企業側デメリット

第2新卒の採用は、新卒採用に比べてコスト削減が
はかれるのは前述のとおりです。

では、企業側のデメリットについてはどうでしょうか?

「第2新卒採用の企業側デメリット」詳細はこちら

第2新卒の転職市場について

第2新卒」とは3年以内に仕事をやめ、
転職活動をしている人をさす、というのは、
これまでに書いてきたとおりです。

その背景には、団塊世代の大量退職と、少子化による
新卒採用競争の激化 があります。

「第2新卒の転職市場について」詳細はこちら


年収UPの決め手は転職エージェント!

→ 第2新卒就職・転職Toppageへ