第二新卒者のための求人・就職に関する情報、転職をする際に必要な手続き、面接・履歴書の書き方を紹介。

第2新卒者の就職・転職Navi > 第2新卒とは? > 第2新卒のデメリットについて

第2新卒とは?

第2新卒のデメリットについて

第2新卒を積極的に採用する企業はたしかに増えていますが、
その反面、大半の企業が実際に3年以内に辞めていく人を
目の当たりにしている、とも言えます。


そのため、
「どうせ最近の若い子は、長続きしないから」
と、初めからあまり期待していない場合もあるかもしれません。

急に辞めてしまった人の一時的な穴埋め程度に考えている
企業もあるでしょう。


実際、第2新卒者が改めて転職する場合、
3年以内ではキャリアとして認めてもらえないことが多く、
まさに「新卒」と同様に扱われてしまいます。

まして、以前の職種と全く違った職業に転職を考えている場合、
全く一から始めることになってしまうわけです。

それまでの数年はほとんど無駄になってしまう、と言っても
過言ではありません。


しかし、実際には無駄な経験などありません。

以前の仕事でどんなことを学んだか、
そして今度の仕事で、それをどう活かせるか、
という点についてよく考えてみましょう。

マイナスをプラスに捉えることができる、
そういう人材は、どこの企業でも、どんな職種でも重宝されます。


転職活動の基本ですが、
以前の会社や仕事を悪く言わず、

「辛かったが、こういう点は学んだ」

という点を強調するようにしましょう。


それができれば、 第2新卒のデメリットも
メリットに変えることができる
はずです。

>>第2新卒とは? 第2新卒転職について一覧へ


年収UPの決め手は転職エージェント!

→ 第2新卒就職・転職Toppageへ