第二新卒者のための求人・就職に関する情報、転職をする際に必要な手続き、面接・履歴書の書き方を紹介。

第2新卒者の就職・転職Navi > 第2新卒とは? > 第2新卒としての転職者が増加している理由

第2新卒とは?

第2新卒としての転職者が増加している理由


近年では、大学や短大も各種専門学校に負けじと、
学生の就職サポートにかなり力を入れるように
なってきていることが第2新卒の増加に繋がっている可能性があります 。

早いところでは1年から就職説明会があり、
SPI試験対策やマナー・面接指導、
就職課には企業情報も豊富にあり、

いざ就職活動をするときになると、
就職スタッフのサポートや企業推薦、多数の企業スカウト。

そのおかげで、生徒はあまり苦労せずに
内定を得ることができます。

一見するとすばらしいシステムに思えますが、
実はこのことが第2新卒を生むことに
つながっているとも考えられています。



意志がしっかりとある学生ならば、
これらのシステムをうまく活用して
自分に合った企業を選ぶことができます。


しかし、多くの学生は

「このまま就職指導を受けていたら、
とりあえずどこかに就職できるだろう」

と考えます。


そしてなんとなく大量採用を行う企業などに入社し、

「これは自分がやりたいことじゃない」
「やりがいがない」

といった考えが生じてくるというわけです。


採用する企業側も、近年になって急に
新卒採用数が増えたことにより、

人事担当者がノルマ達成だけにとらわれていたり、
新卒者の社員教育がいい加減になっていたり、

という現状があるようです。


今現在は新卒・第2新卒の採用枠が広く開かれていますが、

第2新卒が年々増え続けていることを思えば、
不景気になった時には真っ先に狭くなって
しまう門
だとも言えます。


第2新卒に有利な採用が見込める今のうち
あらためて「就職するってどういうこと?」

と、よく考えてみましょう。



意志がしっかりとある学生ならば、
これらのシステムをうまく活用して
自分に合った企業を選ぶことができます。


しかし、多くの学生は

「このまま就職指導を受けていたら、
とりあえずどこかに就職できるだろう」

と考えます。


そしてなんとなく大量採用を行う企業などに入社し、

「これは自分がやりたいことじゃない」
「やりがいがない」

といった考えが生じてくるというわけです。


採用する企業側も、近年になって急に
新卒採用数が増えたことにより、

人事担当者がノルマ達成だけにとらわれていたり、
新卒者の社員教育がいい加減になっていたり、

という現状があるようです。


今現在は新卒・第2新卒の採用枠が広く開かれていますが、

第2新卒が年々増え続けていることを思えば、
不景気になった時には真っ先に狭くなって
しまう門
だとも言えます。


第2新卒に有利な採用が見込める今のうち
あらためて「就職するってどういうこと?」

と、よく考えてみましょう。


>>第2新卒とは? 第2新卒転職について一覧へ


年収UPの決め手は転職エージェント!

→ 第2新卒就職・転職Toppageへ