第二新卒者のための求人・就職に関する情報、転職をする際に必要な手続き、面接・履歴書の書き方を紹介。

第2新卒者の就職・転職Navi > 第2新卒とは? > 第2新卒として転職するときのポジション

第2新卒とは?

第2新卒として転職するときのポジション


第2新卒にはっきりとした定義はありませんが、
一般的に中途採用とは別物だとみなされています。


中途採用の場合は、ある程度のスキルと経験を
前提としていますので、個人の能力に対する
企業の期待も大きいといえます。


これに対し、第2新卒者の位置付けは、
新卒者とほぼ同じだと言われています。


そのうえで第2新卒者に期待されるのは
社会経験」です。

つまり、一応社会には出ているのだから、
新人のようにイチから教えなくてもいい、
ということです。


これをマイナスに考えると、
「研修などに手間をかけずに、都合良く使える人材」
だということになります。


しかし逆に、スキルや経験があまり重視されない
ということは、適正ややる気を評価してもらえる、
とも言えます。


中途採用希望者が実績もないのに
「やる気だけはあります!」
と言っても絶対に相手にされませんが、

第2新卒者の場合は、それも認められ得る
ということです。


卒業後しばらくフリーターをしていた人など、
会社員としての社会経験は実質ほとんどゼロに近い、
という人も第2新卒者とみなされる場合があります。

そういった点もふまえ、
「企業は第2新卒者に即戦力を求めていない」
と割り切ってみましょう。


そして、やる気の根拠になる何かを
探してみてください。

資格や勉強など目に見える方法でも良いですし、
とにかくたくさんの企業を回って、
自分が求める企業のイメージを模索するのも
良いでしょう。


ポイントは、
「今の自分ができることをやる」
ことです。


第2新卒のメリットは、
生の自分を売り込めるということです。

これを機に、背伸びしない自分をしっかり見つめ、
自分らしさについてよく考えてみましょう。


>>第2新卒とは? 第2新卒転職について一覧へ


年収UPの決め手は転職エージェント!

→ 第2新卒就職・転職Toppageへ