第二新卒者のための求人・就職に関する情報、転職をする際に必要な手続き、面接・履歴書の書き方を紹介。

第2新卒者の就職・転職Navi > 辞職前に知っておくこと > 税金について 〜第二新卒者のための就職講座

辞職前に知っておくこと

税金について 〜第二新卒者のための就職講座

第二新卒として転職す る際には、税金の手続きも
自分でしなければいけないケースが発生します。

会社で働いている場合、住民税と所得税は毎月給与から
天引きされ、都道府県や市町村に納めています。

しかし退職する場合だと、
会社は在籍している期間の部分しか処理されないので、
残りの税金を自分で収める必要があります。


OLやサラリーマンが年の途中で転職した場合、
通常退職した会社では年末調整が受けられません。

そのため、再転職先に、退職時に会社から受け取った
「給与所得の源泉徴収票」を提出して、転職先から
その年の年末調整を受けなければなりません。 


また、退職後から再就職するまでに期間がある場合には、
自分で納税しなければなりません。

退職した日がその年度の6〜12月の場合、本人の申し出によって
退職金や給与などから一括徴収し納税します。

申し出なかった場合には納税期限までに本人が直接
市町村へ納めなければなりません。


退職が翌年の1〜4月の場合では退職金や給与から
未納分の税額が一括徴収される事になります。

その際、退職した時に確定通知を受けていない住民税が
あった場合、原則として本人が直接市町村へ納税する必要があります。


もちろん、再就職転職した年 の所得への住民税には
翌年度の給与から天引きされる事になります。


これらは概要でしかありませんので、税務署に出向き
担当職員から詳しく説明して貰うことをお勧めいたします。


→ 第2新卒のための退職前の手続き一覧へ


年収UPの決め手は転職エージェント!

→ 第2新卒就職・転職Toppageへ