第二新卒者のための求人・就職に関する情報、転職をする際に必要な手続き、面接・履歴書の書き方を紹介。

第2新卒者の就職・転職Navi > 退職理由の書き方の例 > 第2新卒の退職理由の書き方5 円満退社の方法

退職理由の書き方の例

第2新卒の退職理由の書き方5 円満退社の方法


退職をするときは、円満退社で終わらせたいものです。

退職する旨を上司に告げたときに
引き止められたときはどうするべきでしょう?

上司に必死に説得されると、
気持ちが揺らぐかもしれませんが、

一度退職を告げたあとは
撤回しない方がいいでしょう。


場合によっては、給料があがったり、
こちらの要望を聞いてくれる姿勢をとる企業も
あるかもしれませんが、

一度撤回してしまうと、やっぱり退職をしたいと思っても
上司には説得できる人と思われてしまうので
退職を認めてもらえないことがあります。


退職の意思が固いことを告げるためにも
一度行った退職願いは引き下げないことです。

と言っても、一方的に告げるだけでは
円満退社になりません。

上司の話には、きちんと耳を傾け説得が強いようでしたら
一度仕切りなおしで切り上げるのもいいでしょう。


日を改めて退職願いをだし、自分の意思が固いことを
告げることです。企業(上司)によっては持久戦になることも
覚悟しておかなくてはなりません。


年収UPの決め手は転職エージェント!

→ 第2新卒就職・転職Toppageへ