第二新卒者のための求人・就職に関する情報、転職をする際に必要な手続き、面接・履歴書の書き方を紹介。

第2新卒者の就職・転職Navi > 退職理由の書き方の例 > 第2新卒の退職理由の書き方3 円満退社の方法

退職理由の書き方の例

第2新卒の退職理由の書き方3 円満退社の方法


転職を決意した方、転職活動を始めている方も
退職をする宣言を上司にするのは
とても勇気のいりますね。

企業との決別を宣言するわけですから
当然なことですが、出来ればもめることなく
円満退社をしたいですね。


円満退社をするには、企業に迷惑をかけないためには
どうしたらいいか?

ということを考えて行動しましょう。


退職を口にするのは勇気がいることです。
なかなか報告ができず、先延ばしになってしまいがちですが、
早めに退職意思を伝えるように心がけましょう。


法律上では、退職希望日の2週間前に告げれば
問題はありませんが、後任の人事や引継ぎのことも考え、
できるだけ早めの報告を心がけましょう。


退職をつげるのは、まず直属の上司からにしましょう。
一番避けたいのは、間接的な形で上司に伝わってしまうことです。

そうすると、上司も「どうして先にこちらに知らせないんだ」
としこりが残ってしまいます。


会社の中では、退職をすることはあまり知られないように
しておきましょう。


退職理由の内容は、人間関係や企業への不満を
口にしないようにしましょう。

不満のある退職理由は、受け取る側も
気持ちのいいものではありません。


年収UPの決め手は転職エージェント!

→ 第2新卒就職・転職Toppageへ